バイオグラフィー

1987年、フランス南部のカタロニア地方の街、セレー生まれ。 

ペルピニャン音楽院でクラッシックピアノとジャズを学んだ後、

Denis DUFOUR(ドゥニ・デュフール)のもとで

エレクトロアコースティック音楽の作曲を学ぶ。

その後、アヌシー音楽院(フランス)のJean-Pascal CHAIGNE

(ジャン・パスカル・シェーヌ)のクラスでエクリチュール

(作曲書法)を学び、アレンジや映像音楽に出会う。2012年、

パリ国立高等音楽院(CNSMDP)のエクリチュール科に入学。

ソナタやルネッサンスの対位法、和声法、を学んだあと、

Marc-Andre DALBAVIE(マルク・アンドレ・ダルバヴィ)

のクラスでオーケストレーションを学ぶ。  その後、同音楽院の

映像音楽科に入学。現在、映像音楽をBruno COULAIS (ブルーノ・

クレ)とMarie-Jeanne SERERO(マリージャンヌ・セレロ)のもとで

学んでいる。 2016年、パリ国立高等音楽院のエクリチュールの

マスターを卒業。また、2019年、映像音楽のマスターを卒業。


 

これまで、多数の映像音楽を提供し、パリの映画フェスティバル’’Mon premier festival'' や’’Paris Courts Devant'' に参加し、シネコンサートのために作品を制作した。2018年には映画スタジオ(Studio Tribudom)制作のショートフィルム’’Le comité''「集会」の制作に作曲家として参加。同作品がパリの映画館で上映された。  器楽のための作曲としては、子どものためのオーケストラ’’Les Petites Mains Symphoniques'' や ‘’Demos Philharmonie de Paris'' のためにオーケストラ作品の編曲を提供し、同作品がパリ・フィルハーモニーホールで演奏されている。自主企画のコンサートも行っており、2016年、エリック・サティ生誕150周年の機会に、サティの生涯を演劇風に解説したコンサートを企画、パリ郊外の古城、Château de la Petite-Malmaison(マルメゾン城)で開催した。2019年、同じところでジョルジュ・メリエスについてのシネコンサートを企画し、開催した。 2016年より、パリ郊外の音楽院でソルフェージュの教鞭をとっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品:

 

作曲:

 

画像音楽:

 

アニメーション:

「エファッタ」・「ノヴァ」

 監督: クレマン・ラ・シミア - アトリエ・デュ・セーヴル、2016年

「滝の美しさ」(La beauté des cascades)

 監督 : セシル・デプレ - アトリエ・デュ・セーヴル、2018年

「ものの順序」(L'ordre des choses)

 監督 : マチルド・プワニエ - アトリエ・デュ・セーヴル、2019年

2019年 Aguilar de Campoo Short Film Festival(スペイン)

 

フィクション:

「委員会」(Le comité)

  監督 : ナイマ・ディ・ピエロ - セシル・カラスー -Tribudomスタジオ、2018年

パリの劇場で上映されました

 

ドキュメンタリー:

「Un jour sur la route」- 監督 : チャーリー・ジエジッチ -Still Life、2010 年

2011年 テレビグルノーブルで 放送されました

 

シネコンサート:

2011年 : アヌシーのJournées du Patrimoine (フランス文化祭り) - Cinémathèque des Pays de Savoie

2017年 :  Paris Courts Devant(ショートフィルム祭)

2017年ー2019年 : Mon premier festival (子供向きのアニメーションフェスティバル)- パリ国立音楽大学 - パリ市庁舎

2019年7月14日 -「ジョルジュメリエスの世界」(Les mondes de Georges Méliès) - プチマルメゾン城、ルイユマルメゾン

 

 

他の音楽作品:

 

管弦楽曲:

 

Les saisons des amours (愛の季節)、2018年

Sang lent、2019年

 

 

室内楽曲:

 

Cinc esbossos japonesos(5つの日本のスケッチ)、吹奏トリオのため、2019年

しりとり、クラリネットとヴィオラのため、2019年

Sardana deEspàrrec、クラリネットとヴィオラのため、2019年

 

 

ソロ:

 

Plainte-chant、二ケルハルパのため、2016年

バルカロル、ヴィオラのため、2019年

 

 

エレクトロアコースティック音楽

 

Sorino le Musicien、2009、Prix SACEMで報酬

Farnat、2017

 

 

 

編曲・オーケストレション

 

Les Petites Mains Symphonique、Orchestre Demos、Les Frivolités Parisiennes などのために編曲とオーケストレションする。

2017年6月にパリのフィルハーモニードでフランスのコロンビアシーズンのオープニングコンサートのためのエリックサティの「La Belle Excentrique」からの「Grande Ritournelle」のオーケストレーションがOrchestre Demos演奏された。

 

Louis BeydtsとLéonGuillot de Saixのオペレット "Moineau"からの "L'escarpolette"を編曲し、LesFrivolitésParisiennes(NAXOS, 2019年)のCD "Tea for two-Paris London-Songs of the Bell Epoque"のために 録音された.